規約

規約

嵐山まちづくり協議会 規約案

第1章 総則
(名称及び事務所)
第1条 この会は、嵐山まちづくり協議会(以下「本会」という。)と称し、事務所を京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町40(嵐山保勝会内)に置く。

(区域)
第2条 本会の対象区域は、京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町の一部、嵯峨天龍寺北造路町の一部、嵯峨天龍寺立石町の一部とし、別に定める区域図に示す区域とする。

(目的)
第3条 名勝嵐山にふさわしい景観まちづくりを推進する事を目的とする。

(本会の位置づけ)
第4条 本会は、嵐山保勝会をはじめ、嵐山の各団体や当該地区の町内会と連携をとって運営するものとする。

(活動内容)
第5条 本会は前条の目的を達成するために、次の各号に該当する活動を行う。
⑴ 嵐山地域における良好な景観づくりに関する活動
○ 嵐山地域の景観まちづくりの方針やルールづくりに関する活動
○ 嵐山地域の情報共有や対外的な広報のための活動
○ 関連する案件等に対して多くの意見を集約し協議する活動
⑵ その他地域の景観づくりに関する活動

第2章 会員及び役員
(会員)
第6条 本会の会員は、第2条に定める区域内に住所を有し、本会の主旨に賛同する世帯とする。
2 前項の会員には、第2条に定める区域内に土地または建物を有する者及び事業を営む者を含む。ただし、この場合は1物件を1世帯とみなす。
3 前各項以外の者で、本会の主旨に賛同し賛助する個人及び法人又は団体は、賛助会員となることができる。ただし、賛助会員は議決権を有しない。

(退会等)
第7条 会員が次の各号の一に該当する場合には退会したものとする。
⑴ 第6条に定める会員の要件を欠いたとき
⑵ 本人より、退会届が会長に提出されたとき
2 会員が死亡し、又は失踪宣告を受けたときは、その資格を喪失する。

(役員)
第8条 本会に次の役員を置く。
⑴ 会  長 1名
⑵ 副 会 長 3名以内
⑶ 幹  事 10名以内
⑷ 会  計 1名
⑸ 会計監査 2名以内

(役員の職務)
第9条 会長は、会務を総理し、本会を代表する。
2 副会長は、会長を補佐し、会長に事故があるとき又は会長が欠けたときは、その職務を代行する。
3 幹事は、本会の運営を担当する。
4 会計は、本会の出納事務を担当する。
5 会計監査は、会計を監査する。

(役員の選任)
第10条 会長、副会長、幹事の選任は、会員から立候補及び推薦された者及び役員会で推薦された者の中から総会において選出する。
2 会計は、会長が指名する。
3 会計監査は、全会員の中から選出する。

(役員の任期)
第11条 役員の任期は、2年とする。ただし、再任を妨げない。
2 補欠により就任した役員の任期は、前任者の残任期間とする。

(役員の解任)
第12条 本会は、会則に違反又は会の目的に反する行為があったと認めるときは、総会の決議により役員を解任することができる。

(顧問及び相談役)
第13条 本会は、会の運営について助言を得るために顧問または相談役を置くことができる。顧問および相談役は、役員会の決議によって選任する。
2 顧問および相談役は、役員会の求めに応じ助言を述べる他、総会及び役員会等、本会の会議に出席し、意見を述べることができる。

(事務局)
第14条 本会に、事務局を置く。
2 事務局は、本会の事務全般を担う。
3 事務局長および事務局員は、会長が任免する。

第3章 会の運営
(会議)
第15条 本会は、次の会議を行う。
⑴ 定期総会
⑵ 臨時総会
⑶ 役員会
2 定期総会は、毎年1回行う。
3 臨時総会は、必要に応じて開催する。
4 役員会は、会長、副会長、幹事、会計及び事務局で構成し、会長が招集する。

(総会の議決事項)
第16条 総会は、次の各号に掲げる事項について審議し、決定する。
⑴ 事業計画並びに予算及び決算に関する事項
⑵ 規約の改廃に関する事項
⑶ 地域の景観づくりに関する事項
⑷ その他本会の運営に関する重要な事項

2 役員会は、この規約で別に定めるもののほか、次の各号に掲げる事項について審議し、決定する。
⑴ 総会に付議すべき事項
⑵ 総会の議決した事項の執行に関する事項
⑶ その他総会の議決を要しない会務の執行に関する事項

(議決権・定足数)
第17条 総会は、総会員の2分の1以上の出席がなければ開会することができない。
2 役員会は、役員総数の2分の1以上の出席がなければ、会議を開くことができない。
3 会議構成員の議決権は、1会員に対して1票とする。ただし、会員が法人の場合は、1法人に対して1票とする。なお、定足数算定の基礎についても同様とする。

(議決)
第18条 総会の議長は、その総会において、出席した会員の中から選出する。
2 役員会の議長は、会長がこれに当たる。
3 議事はその出席者の過半数で決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。

(経費)
第19条 会の運営に要する経費は、会費、寄附金及びその他の収入をもって充てる。

(会費)
第20条 本協議会は、総会において、会費の徴収について定めることができる。
2 会員は、総会において定められた会費を納入しなければならない。

(会計年度)
第21条 本会の会計年度は、4月1日から翌年の3月31日までとする。

(会員の遵守事項)
第22条 会員は、本会の活動を通じて知りえた個人の情報は、他に漏らしてはならない。

(その他)
第23条 この会則に定めるもののほか、必要な事項は別に定める。

付則
1 この会則は、平成  年  月  日から実施する。